鼻づまりの原因と治し方

鼻詰まりの原因

鼻腔で空気の通り道がなんらかの理由でふさがれると鼻詰まりが起こります。その理由で考えられるのは次のようなものです。

1鼻腔の粘膜の腫れ
炎症やアレルギーによって腫れが起こっている状態です。
原因となる病気には、鼻炎・副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎、妊娠性鼻炎があり、他に点鼻薬の常用による腫れがあります。
2鼻汁
鼻汁が溜まると空気の通り道が狭くなります。鼻の粘膜の腫れを伴うことがほとんどなので、鼻詰まりがより悪化します。
原因となる病気には、鼻炎・副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎があります。
3軟骨や骨によって空気の通り道が狭くなっている
鼻中隔が大きく彎曲していたり、鼻中隔の外側にある下鼻甲介が分厚いことなどによって空気の通り道が極端に狭くなっている状態です。
原因となる病気には、鼻中隔弯曲症、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎があります。
4鼻茸など、鼻腔にできものがある
副鼻腔の骨の中の粘膜や鼻粘膜が炎症で弱くなると、やがて粘膜が腫れてきます。水を注入されたように粘膜がやわらかく腫れる組織変化を起こしたものが鼻茸であり、副鼻腔から空気の通り道である鼻腔に飛び出すことにより、鼻詰まりを起こします。鼻茸は腫瘍ではありませんが、薬を服用することで完全に消失する可能性は少なく、手術による摘出が必要となります。また、特に片方の鼻だけに存在する場合は、良性腫瘍である乳頭腫の可能性があり注意が必要です。
原因となる病気には、副鼻腔炎による鼻茸、乳頭腫、血管腫があります。
5鼻腔に異物が入っている
ティッシュの切れ端などが鼻腔内に残っていることで、鼻詰まりが起こっています。食事中、くしゃみをした拍子に米粒などが鼻腔に入ってしまうことによるものもあります。異物が入ったまま放置すると、炎症を起こし、強い鼻詰まりや鼻汁の症状が現れます。幼児の場合は、親が気付かない間に思いもかけないものを詰めていることは珍しくありませんので注意が必要です。
原因となるのは、ティッシュの切れ端などですが、幼児の場合にはごく小さなおもちゃや食べ物などが入っている場合もあります。
6鼻と喉をつなぐ鼻咽喉に腫れがある
鼻と喉の間にある咽頭扁桃が生理的に肥大したアデノイドという病気が代表的なもので、これは3歳~6歳頃までに大きくなり、その後徐々に小さくなっていくと言われています。大人の場合、まれですが鼻咽腔にがんがある場合もあります。
原因となる病気には、アデノイド、鼻咽腔血管線維腫、上咽頭がん、その他の腫瘍があります。

年代にかかわらず多いのはアレルギー性鼻炎による鼻詰まりです。世代によって特徴的に多くなるは、乳児期のアデノイド、大人の肥厚性鼻炎や鼻中隔弯曲症、副鼻腔炎です。

鼻詰まりの症状

  • 青く濃度の高い鼻汁が出る
  • 鼻汁が喉に回る
  • 痰や咳が出やすくなった
  • 片方だけ鼻詰まりする
  • 左右が交互に鼻詰まりを起こす
  • 鼻血を伴う鼻詰まり

青く濃度の高い鼻汁が出たり、鼻汁が喉に回り痰や咳が出やすくなった場合には、副鼻腔炎の可能性があります。
片方だけ常に鼻詰まりを起こしている場合には、鼻中隔弯曲症の場合が多く、片方だけに鼻茸ができている可能性もあります。
左右が交互に鼻詰まりを起こす場合は、鼻中隔弯曲症が疑われます。
鼻血を伴なう場合には、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎のほか、鼻内腫瘍の疑いもあります。
これはあくまでも目安ですので、原因を正確に知って正しい治療を受けるためには、耳鼻咽喉科での診察や検査が必要です。
診察では、視診の他、必要に応じてレントゲン検査、CT検査、血液検査、ファイバースコープや電子スコープによる検査を行います。

鼻詰まりの治療

鼻詰まりは、基本的に処置とネブライザーによる治療、内服薬や点鼻薬の処方を組み合わせた外来による通院治療を行います。通常、医師の指示通りに通院して治療を受けても効果が見られない場合は手術を検討しますが、検査により最初から手術以外では改善が見込めないケースであることがわかる場合もあります。また、再発を繰り返すような場合にも、根本的な治療を望まれるのであれば手術をお勧めすることがあります。

アレルギー性鼻炎による肥厚性鼻炎

内服薬
アレルギーの治療薬の抗ロイコトリエン薬、抗トロンボキサンA2薬という、鼻詰まりに効果的な薬が開発されていますので、これを数週間以上、指示通りに飲むことで鼻詰まりがかなり改善するケースが増えています。
点鼻液
一般的にはステロイドの点鼻液を使用します。ステロイドには抵抗を感じる方が多いのですが、ステロイド点鼻液の場合、ほとんど副作用の心配がないといわれています。常用することで鼻詰まりが悪化してしまうのは、血管収縮剤の点鼻液です(薬剤性鼻炎)。
処置とネブライザーによる治療
鼻汁を吸引して鼻内を清掃し、ネブライザーで鼻内にステロイドや抗ヒスタミン剤を行き渡らせます。ネブライザーは耳鼻咽喉科にある治療機器で、コンプレッサーによって霧状になった薬剤を鼻腔のすみずみにまで届けますので、点鼻薬を使うより高い効果が得られます。ただし、通院して受ける必要があります。

こうした薬や処置による治療で効果が見られない場合には、手術を検討する必要があります。
また、こうした治療を受けてもアレルギーが根本的に治ることはないので、治療を中断すると鼻詰まりが再発します。手術は根本的な原因を解消するものですので、再発と治療を繰り返すより結果的に治療にかける時間や費用を抑えられる場合もあります。

手術
粘膜を減量する鼻腔粘膜焼灼術、アレルギーに関与した神経の過敏性を押さえる後鼻神経凍結手術、切断手術、さらに粘膜の奥にある骨を削る粘膜下下鼻甲介骨切除術が可能です。

副鼻腔炎による肥厚性鼻炎

内服薬
粘膜が一時的に腫れている場合には、抗炎症剤を内服することで効果が出る場合があります。
点鼻液
一時的に鼻詰まりを解消する必要がある場合には、ステロイドの点鼻液を使用します。ステロイドには炎症を抑える強力な作用があり、ある程度の効果が期待できます。
処置とネブライザーによる治療
鼻汁を吸引して鼻内を清掃し、ネブライザーで鼻内にステロイドや抗生物質を行き渡らせます。ネブライザーは耳鼻咽喉科にある治療機器で、コンプレッサーによって霧状になった薬剤を鼻腔のすみずみまで届けますので、点鼻薬を使うより高い効果が得られます。副鼻腔炎による肥厚性鼻炎の鼻詰まりでは、効果にかなり個人差があります。
以上の薬や処置によって鼻詰まりが治らない場合、手術を検討する必要があります。
手術
副鼻腔炎の炎症がある場合には鼻内副鼻腔手術を行い、必要に応じて鼻粘膜焼灼や粘膜下鼻甲介骨切除を行って鼻腔内の空気を通りやすくします。

鼻中隔弯曲症

手術
鼻中隔弯曲症は骨と軟骨の形が原因となっているため、それによる鼻詰まりである場合には、薬や処置では治らず手術が必要です。

副鼻腔炎による鼻茸

内服薬
マクロライド系抗生物質、抗炎症剤など副鼻腔炎の内服薬を1~3ヶ月程度服用することで鼻茸が縮小することがあります。ただし、効果には個人差が大きく、ほとんど効果が現れない可能性もあります。
処置とネブライザーによる治療
鼻汁を吸引して鼻内を清掃し、ネブライザーで鼻内にステロイドや抗生物質を行き渡らせます。ネブライザーは耳鼻咽喉科にある治療機器で、コンプレッサーによって霧状になった薬剤を鼻腔のすみずみまで届けます。炎症を抑えるという観点から見れば鼻茸の縮小に効果がある可能性はありますが、ほとんどの場合限界があります。

以上の薬や処置によって鼻詰まりが治らない場合、鼻茸を切除する手術を検討する必要があります。

手術
鼻茸だけ切除する場合と、副鼻腔炎の手術と鼻茸切除を同時に行う場合があります。

アデノイド(特に幼児期)

アデノイドは2~3歳くらいから徐々に大きくなって、5~6歳頃にピークを迎えます。その後、成長に伴って徐々に縮小していきますが個人差が大きく、ほとんど縮小しない場合もあります。縮小の時期を待てないほど鼻詰まりが申告な場合や、中耳への悪影響がある場合、さらに睡眠時無呼吸症候群の原因と考えられる場合などには手術を検討します。

点鼻液の使いすぎ(薬剤性鼻炎)

血管収縮剤の成分が入った点鼻液は速効性があり、鼻詰まりには目覚ましい効果があります。ただし、常用するとリバウンドにて逆に鼻粘膜が肥厚し、頑固な鼻詰まりを起こしてしまいます。治療は、点鼻液の使用を止めることですが、鼻粘膜の肥厚が高度な場合は、肥厚性鼻炎の手術を検討する必要があります。

妊娠性鼻炎

妊娠中は身体を巡る血液量が増えますが、特に妊娠後期になるとその量はかなり増加しています。鼻の粘膜は多くの部分が毛細血管でできているため、血液量増加によって毛細血管が拡がり、鼻粘膜が腫れるようになります。花粉症を伴っている場合、腫れは深刻になりつらい症状を引き起こします。妊娠中ですのでできるだけ内服薬を使用しない治療を行う必要があります。点鼻薬や処置による治療が中心になるので、効果はあまり期待できません。出産後には血液量が通常に戻るので、急速に回復します。

鼻内異物

幼児が自分で鼻内に小さなおもちゃや豆などの食べ物、新聞紙などを詰めてしまうことはよく起こります。大人が気付かない場合も多く、それが元で炎症を起こし、青ばなが多くなって耳鼻咽喉科を受診し、はじめて異物が入っていることがわかるケースもよくあります。

乳頭腫、血管腫などの良性腫瘍

腫瘍は自然になくなることはないので、手術で摘出する必要があります。

若年性鼻咽腔血管線維腫

まれに起こる病気で、10歳代の男性に多くなっています。頑固な鼻出血の原因になっていることもあり、高度医療機関での入院治療が必要になります。

悪性腫瘍

まれですが鼻や副鼻腔にがんができて、それが鼻詰まりや鼻血の原因になっていることがあります。高度医療機関での入院治療が必要になります。

岩野耳鼻咽喉科の診療時間・アクセス(豊中市:服部天神駅徒歩1分)  
ながい耳鼻咽喉科クリニック診療時間・アクセス(茨木市:南茨木駅徒歩1分)

Tel.06-6862-2910WEB予約
Tel.06-6862-2910 順番予約はこちら 手術に関連した診察申込み